• トイプードル
  • 犬のしつけ

【ドッグトレーナー監修】トイプードルのしつけで大切なことは?

Share this on

可愛らしい見た目のトイプードルは、頭が良い犬が全般的に多く、良い関係性を築くことができればしつけを行いやすいのが特徴です。

体も小さく、比較的犬を飼うこのが初めての人にも飼いやすい犬種ですが、その反面、無駄吠えを中心にトイプードルのしつけを難しいと感じている飼い主さんも少なくないのは事実です・・。

今回は、トイプードルをお迎えする準備をしている人や愛犬の問題行動に悩んでいる飼い主さんのために、トイプードルのしつけで大切なことやしつけ方法をご紹介します。

なお、一般的な犬のしつけ方法については【犬のしつけカテゴリー】をご確認ください。

トイプードルのしつけで大切なこと

トイプードルのしつけでは、トイプードルの気質や愛犬の性格を知ることが何よりも大切ですので、まずは愛犬の性格をよく観察して理解してあげるようにしましょう。

トイプードルの気質と特徴

個体差があるものの、一般的にトイプードルはとても人懐っこく頭の良い犬種です。飼い主さんに従順で無駄吠えや噛み癖といった問題行動を起こすことも少ないでしょう。

しかし、頭が良いからこそ、相手によって行動を変えたり言うことを聞かないということもあり、甘やかし過ぎてしまうとわがままになってしまいます。

トイプードルは本来あまり吠えることのない犬種ですが、わがままになってしまうと”自分の主張を通すために吠える”といった問題行動が多く見られるようになるため、飼い主さんがリーダーとして信頼され尊敬される存在でなければいけません。

犬は人が思う以上に飼い主さんの様子をよく観察しており、精神的なこと(悲しみや怒りなど)も感じとります。

そのため、愛すべき家族でいることはもちろん、敬愛されるようなリーダーを目指すために飼い主さん自身がしっかりとすることが大切です。

また、トイプードルの人懐っこい性格や飼い主さんに従順なことが災いして、人が好きすぎて飛びついてしまう、飼い主さんを守ろうとして来客に吠える、必要以上に飼い主さんに依存して「分離不安」になるといったことも多いのが特徴です。

トイプードルのしつけでは人間との生活のルールを一貫して、やっていいこととやってはいけないことを正しく教えてあげる必要があります。

なお、トイプードルについて詳しく知りたい方は【トイ・プードルについてトイプー専門家が詳しく解説!】をご確認ください。

※分離不安:住み慣れた家や犬が愛着や執着を持っている人(家族)と離れることに対して、過剰な不安が生じてしまう病気

トイプードルのしつけはいつから?

トイプードルのしつけは、家にお迎えしたその日から始めましょう。

動物愛護法の改正により、生後8週齢に満たない子犬の販売は禁止されました。そのため、トイプードルの子犬を迎えるのは早くても生後8週齢です。

トイプードルは生後10ヶ月齢までが子犬の時期ですが、学習能力の高い”3週齢~13週齢程度”までの「社会化期」はとても重要で、この時期に学んだことが後々の生活に大きく影響してきます。

トイプードルをお迎えするのが生後8週齢ということを考えれば、残りの4~5週間で基本のしつけを行って、しつけに慣れさせる必要があります。

もちろん、社会化期を過ぎても年齢に関係なくトイプードルのしつけを行うことはできるため、どのしつけを優先して行うか順番を考えて行うといいでしょう。

なお、基本的なしつけ方法について知りたい方は【必ず必要!犬の5つの基本しつけと方法】をご確認ください。

社会化期にしつけと併用して行っておきたいこと

トイプードルの社会化期はとても重要な期間ですが、しつけだけを行えばいいわけではありません。

警戒心が少なく性格が構築されていないこの時期に、いろいろな場所に連れて行って、ほかの犬やほかの人と触れ合わせることも大切です。

また、成犬になってからのことを考えて、体のどこを触っても嫌がらないようにしておいたり、さまざまな音に慣れさせる、首輪やハーネスに慣れさせるといったことも社会化期に併用して行ってください。

トイプードルと生活していく上で、動物病院やトリミングサロンを利用する機会はとても多いので、触られることや他の人に慣れていないと、吠えたり噛んだり暴れるといったこともあり、サロンの利用を断られてしまうことも・・。

爪切りや目の周りの被毛カットを中心に、暴れてしまうとトイプードル自身にも危険が及ぶこともあります。

子犬の社会化期が過ぎても、これらのことは継続して行いましょう。

トイプードルのしつけ方法

トイプードルのしつけで大切なことを念頭に置きながら、しつけを行いましょう。

上下関係の築き方

トイプードルのしつけを行うためには、まずはトイプードルから飼い主さんが頼れる人=リーダーであると理解してもらった上で信頼してもらわなければいけません。

  • 体を触る

トイプードルがどこを触られても嫌がらないように、子犬の時期から触ることが大切です。触られて嫌がるところは無理をせず、少しずつ触るようにして慣れさせます。

  • アイコンタクト

名前を呼んだり音を出してトイプードルの注意を惹き、飼い主さんを見るようにしましょう。こちらを見たら褒めてあげることを繰り返すことでアイコンタクトが取れるようになります。

その他、オヤツを愛犬の鼻先から飼い主さんの目元に移動して、愛犬が目を見たタイミングで褒める方法が効果的です。

  • マズルコントロール

トイプードルのマズルを軽く触ることから始め、徐々にマズルの下あごを持って上下左右に動かせるようにしましょう。

トイレトレーニング方法

トイプードルはあまり人目につかないような場所で排泄することを好みます。そのため、落ち着いて排泄できる場所をトイレにしてあげなければいけません。

トイレにしたい場所をサークルで囲み、一面にペットシーツを敷き詰めます。

トイプードルがトイレに行きたいタイミングになったらペットシーツの上に誘導し、排泄ができたら褒めてあげます。

徐々にペットシーツの枚数を減らして、最終的にはペットシーツはトイレの場所だけにします。

トイプードルがトイレを覚えるまでは粗相してしまうこともありますが、粗相しても叱らずに無言でその場を片付けしっかりニオイを消しておきましょう。

噛み癖のしつけ方法

子犬が噛むのは歯の生え変わりで口がムズムズしたり、そのものが何であるか確認するためであり、噛むという行為は犬として正常な行動です。

成犬の場合は、暇なときに何かを噛んで遊んでしまうこともあります。噛むことをやめさせることはできないため、噛んで良いもの・噛んではいけないものの区別を教えてあげることが大切です。

一緒に遊んでいる最中に噛まれてしまったら「痛い」や「ダメ」と落ち着いた低い声で一言発し、トイプードルの前から姿を消して「なぜ遊んでくれなくなってしまったか」と考える時間を与えましょう。

そして、数分後にトイプードルの元に戻り、また一緒に遊んであげます。これを繰り返すことでトイプードルは人の手を噛んではいけないと学習してくれます。

また、思う存分に嚙んでもいいおもちゃを用意してあげることや、噛まれたくないものを置いておかないということも大切です。

なお、噛み癖について詳しく知りたい方は【犬の噛み癖の原因や今日からできる対策方法】をご確認ください。

人と離れるトレーニング方法

トイプードルは分離不安になりやすいため、人と離れるトレーニングも行いましょう。

分離不安は程度によっても異なりますが、飼い主さんの姿が見えなくなると吠え続けてしまったり、泣き叫んだり、自傷行為や破壊行為などさまざまな問題行動を引き起こし、場合によっては投薬治療も必要になります。

トイプードルが一人で過ごす時間を作り、一人遊びを楽しめるように知育トイなどを与えましょう。一人でいることに慣れれば、お留守番をさせても飼い主さんの姿が見えなくても騒ぐようなことはありません。

最初は数十秒、次は数分というように、徐々に飼い主さんが姿を消す時間を伸ばして、トイプードルが一人で過ごすことができる時間を作っていきましょう。

コマンドトレーニング方法

トイプードルは人が好きなため、興奮しやすいです。落ち着かせるためにもコマンドトレーニングは重要です。

基本のコマンドは「おすわり」・「まて」・「ふせ」です。トイプードルの飛びつきをやめさせたり、急な飛び出しによる危険を回避したりと、さまざまな場面で使用します。

  • 「おすわり」

おやつを持った手をトイプードルの鼻先に出し、そのまま手を頭の上に持ち上げるとトイプードルは自然と腰を落とすため、その瞬間に「おすわり」と声をかけ、座ったらおやつを与えて褒めてあげましょう

  • 「まて」

トイプードルがお座りをしている状態で片手の目の前にかざし、「まて」と声をかけます。2秒ほど経ったら「よし」と解除の声をかけ、褒めます。2秒「まて」ができたら3秒、4秒と少しずつ時間を伸ばしていきましょう。

  • 「ふせ」

トイプードルお座りをしている状態で、おやつを持った手を鼻先に出し、そのまま手を地面に下ろすとトイプードルは自然と伏せた状態になるため、「ふせ」と声をかけておやつを与えて褒めてください。

トイプードル個々の性格に合わせてしつけを行おう!

今回は、トイプードルのしつけで大切なことやしつけ方法をご紹介しました。

人懐っこく愛らしいトイプードルですが、それゆえ気をつけなければいけないこともたくさんあります。トイプードルは頭が良い犬種のため、しつけが難しいことはありません。

しつけは飼い主さんのためだけでなく、トイプードルの安全や健康を守るためにも必要なことです。

愛犬がどんな性格なのか、トイプードルがどんな気質の犬種なのかを理解して、しつけは、飼い主さんも愛犬も楽しみながら行えるよう工夫しましょう。

なお、犬のしつけについて詳しく知りたい方は【犬のしつけカテゴリー】をご確認ください。

監修者:望月 紗貴

うちのトイプー開発責任者。犬の管理栄養士、愛玩動物救命士、ペット看護士資格、ペット介護士資格、ペットセラピスト資格、ドッグトレーニングアドバイザー、ドッグヘルスアドバイザー、その他上級食育士、アレルギー対応食アドバイザーなど、数多くの資格を保有。過去にドッグトレーナーとして働き、現在は愛犬ゴールデンレトリバー、ドーベルマン(元保護犬)、ボルゾイ、ボーダーコリー、愛猫3匹と暮らす。愛犬バーニーズマウンテンドッグの腫瘍発覚後から、長年の間犬の生物学を学ぶ。

公式HP:https://true-dog-lover.com/

Share this on