• 犬の病気
  • 犬のケア方法
  • うちのトイプーSOS

犬の歯周病ケアや治し方、治療費用など歯周病について徹底解説!

Share this on

愛犬の口が臭いと感じたら、今すぐ口の中をチェックしましょう。

歯が黄色や茶色に変色していたり歯の根元や歯間に歯石が付いていたら、愛犬はすでに歯周病にかかっています。

犬の歯周病は初期症状なら早期回復が期待できますが、症状が進むと完治に時間がかかり、治療費用もかさむことになるでしょう。

この記事では犬の歯周病ケアに関する情報と、治療費用についても解説しています。

いろいろなタイプの歯周病ケア用品も紹介していますので、愛犬の口臭が気になる方はぜひお読みください。

なお、口臭がひどい場合はあわせて【犬の口臭の原因と自宅ケア方法】もご確認ください。

序文後のバナー

<犬種問わず、愛犬の健康維持におすすめ!「うちのトイプー」500円モニター実施中>

犬の歯周病ケアはなぜ必要?歯周病を放置するリスク

犬の歯周病は、歯に歯垢や歯石が付くだけの病気ではありません。

歯周病菌(細菌)の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。

そのため、飼い主さんが愛犬の口臭に慣れて歯周病ケアをせずに放置してしまうと、口の中だけにとどまらず内臓や全身にまで悪影響を及ぼすことになるでしょう。

歯周病にかかりやすい犬種:歯周病にかかりやすい特定の犬種はありませんが、トイプードルなどの顎が小さな小型犬は大型犬より歯周病にかかりやすく、進行も早いと言われています。

犬の歯周病の症状

犬の歯周病とは、歯とその周辺が炎症を起こした状態の総称です。

軽度のうちに歯周病ケアを始めないと、症状はどんどん深刻になります。

軽度の歯周病:歯肉炎

口臭がきつくなる・歯石が付くなどの症状に加え、歯肉の一部や全体が炎症で赤く腫れている状態です。

中度の歯周病:歯周炎

歯肉炎が進行すると歯と歯肉の間にできた隙間(歯周ポケット)の中で歯周病菌が増殖し、歯肉の炎症がどんどん加速している状態です。

重度一歩手前の歯周病:歯槽膿漏(しそうのうろう)

歯周炎が進行して歯槽骨(しそうこつ)が歯周病菌に感染し、歯と歯肉の間から膿が漏れ出すようになった状態です。

炎症のせいで歯肉がどんどん瘦せ細ると歯周ポケットがさらに深くなり、歯の土台そのものが揺らぎ始めます。

歯槽骨とは:歯の根を支えている顎の骨のこと

重度の歯周病:歯根膿瘍(しこんのうよう)

歯周病菌の感染が歯根の最深部にまで到達し、顎の骨との接合部に膿が溜まった状態です。

歯周病菌の毒素で歯槽骨が溶かされていくため、歯を支えられなくなると歯がグラグラしたり、抜け落ちることもあります

また、顎の骨そのものも脆くなっており、ちょっとした衝撃で顎を骨折するかもしれない危険な状態です。

くしゃみも歯周病のサイン:頻繁にくしゃみをする犬は、歯周炎が原因で鼻に膿がたまっている可能性があります。

犬の歯周病を放置するリスク

犬の歯周病を治療せずに放置してしまうと、血管内に入り込んだ歯周病菌が血流に乗って全身を駆け巡り、様々なリスクを高めることになるでしょう。

  • 歯肉の炎症による痛みで食欲が落ち、体が栄養不足に陥る
  • 歯がグラグラする、あるいは抜け落ちたせいで犬の生活の質が悪くなる
  • 顎の骨が溶けると小さな衝撃でも骨折することがある
  • 上顎から目の下の骨が溶けると、膿の影響で眼球の炎症や失明の危険性が高まる
  • 血液中の歯周病菌が心臓・腎臓・肝臓などに炎症を起こし、心筋炎・腎不全・肝不全といった重篤な病気の発症率が高まる

小型犬の乳歯遺残症と歯周病の関係:乳歯遺残症とはトイプードルやチワワなどの小型犬にみられることが多い、乳歯が抜けずに残ったまま永久歯が生えてきた状態のことです。乳歯と永久歯の間に食べ物が挟まりやすく、歯垢や歯石が付着しやすいため、高確率で歯周病を発症すると言われています。

犬の歯周病ケア方法

愛犬の口内に歯周病の症状を見つけたら、軽度に見えてもかかりつけの動物病院を受診しましょう

なぜなら犬の歯周病は細菌による感染症であり、口の中だけではなく全身にトラブルを引き起こすかもしれない怖い病気だからです。

ただし、歯周病の治療を動物病院任せにしていたのでは、早期の完治は目指せません。

自宅でも歯周病を進行させないための歯周病ケアを積極的に行うとともに、治療後は歯周病を再発させないための予防も大切です。

犬の歯周病ケア方法

犬の歯周病ケアで最も大切なのは、食べ物のカスなど歯の汚れが歯垢に変わる前に取り除くことです。

そのためには、飼い主さんの手で歯磨きをするのが最も効果的なのは間違いありません。

しかし歯磨きに慣れていない犬は、口の中に歯ブラシを入れられること自体を嫌がることがあります

歯周病ケアのための歯磨きがストレスになってしまったら、元も子もないですよね。

だからこそ、歯磨き習慣のない犬の歯周病ケアで大事なのは、飼い主さんがあせらず取り組むことです。

愛犬の歯周病が完治した後の再発防止を見据え、治療中から歯周病ケアに取り組んでいきましょう。

また、歯磨きはしていたのに愛犬が歯周病になってしまった飼い主さんは、獣医さんにどの部分に磨き残しが多いかを教えてもらい、それを踏まえて歯の磨き方を見直すと改善につながるのではないでしょうか。

歯磨きが苦手な犬の歯周病ケア(歯磨き)の慣らし方

  1. まずは手で犬の口吻や口元にタッチする練習から始めます。(歯ブラシは持たない)
  2. 口元に触られることに慣れたら、唇をめくって歯や歯ぐきにタッチします。
  3. 歯茎に触れるようになったら、指を奥歯の方に入れる練習をします。
  4. 奥歯まで指が入れられるようになったら、歯磨きシートやガーゼなどを指に巻きつけて歯を磨きます。
  5. シートでの歯磨きに慣れたら、いよいよ歯ブラシを使います。ただしいきなり歯をゴシゴシ磨くのではなく、歯ブラシを口の中に入れる練習から始めましょう。歯ブラシにつけた歯磨きジェルをなめさせるなどし、歯ブラシに良いイメージをつけさせることが大切です。
  6. 歯ブラシを口の中に入れることに慣れたら、いよいよブラッシング開始です。少しずつ歯磨きの時間を延ばしていき、奥歯まで磨けるようにしましょう。

1から6までの工程は、すべて無理強いは禁物です。一つのステップに数日かけるぐらいの気持ちでトライし、愛犬にストレスをかけることなく歯磨きに慣らしてあげましょう。

また、歯周病の進行具合によって歯茎や顎に痛みを感じていることもあります。歯周病ケアをする際は愛犬の様子をしっかりと観察し、少しでも痛みを感じているようなら無理に歯ブラシを使う必要はありません

そっとガーゼで汚れを拭き取るなどし、出来る範囲で歯の汚れを落としてあげましょう

オーラルケアを始める年齢:子犬の頃から歯磨き習慣をつけておくと、歯周病にかかるリスクを下げることができます。また、歯周病にかかったとしても早期に発見できるため、早期の完治が期待できるでしょう。

<犬種問わず、愛犬の健康維持におすすめ!「うちのトイプー」500円モニター実施中>

犬が歯周病になる原因

犬が歯周病になる一番の原因は、歯の汚れや歯垢を落とさずそのままにしてしまうことです。しかし、老犬は日常的に歯磨きをしていても歯周病にかかることがあります

老犬が歯周病にかかりやすい理由

  • 加齢による代謝の低下で唾液の分泌量が減った
  • 活動量が減ったことで水を飲む量が減った
  • 若い頃ほどオモチャを噛んで遊ばなくなった

唾液には歯に付着した食べかすをきれいにし、細菌の増殖を抑える働きがあります。そのため、唾液の分泌量を増やすことが、老犬の歯周病ケアには必要です。

適度な運動をさせて体の代謝を上げると唾液が作られるようになり、さらには飲水量が増えることで口内の汚れを落としやすくなります。

また、オモチャやロープをしっかり噛ませることも、歯の汚れを落とすだけではなく唾液の分泌を促進させてくれるでしょう。

動物病院の歯周病治療費用目安

愛犬の歯周病治療費用がどのぐらいかかるかは気になるところですよね。

一般的に犬の歯周病の治療費用は5万~20万程度とかなりの幅があり、一律ではありません。

歯周病の症状はもちろん、犬の体格によっても治療費用にはかなりの違いがあるため、目安の金額をはっきり示すことは困難です。

参考までにいくつか具体例を紹介しますが、実際の治療費用はかかりつけの動物病院で確認し、納得したうえで治療を受けましょう。

犬の歯周病治療費用目安

具体例としてわかりやすいように、歯周病治療を受けた犬はどちらも同じ程度の体格のトイプードルを選びました。

治療費は施術にかかったトータルで、経過観察としての再診治療費は含まれていません。

例1:トイプードル(11歳)進行した歯周炎の治療費用

治療の概要:術前検査・全身麻酔・レントゲン・抜歯8本・抗生物質
治療費用:57,300円

例2:トイプードル(13歳)重度の歯根膿瘍の治療費用

治療の概要:術前検査・全身麻酔・レントゲン・抜歯13本・縫合処置・骨補填剤・抗生物質
治療費用:75,000円

動物病院で使用される薬

犬の歯周病治療では、外科的な治療の他に次のような薬が使われることもあります。

  • 抗炎症剤→歯肉などに起きた炎症を抑える働き
  • 抗菌剤→歯周病菌を減らす働き
  • インターフェロン→口腔内の免疫力を高める働き

歯周病をしっかり完治させるためにも、投薬方法・投薬期間などの詳細ついては獣医師の指示にきちんと従うことが大切です。

犬の歯周病ケアに役立つ商品

犬の歯周病ケアの基本は歯ブラシを使った歯磨きです。

しかし、どうしても歯ブラシを嫌がる犬もいることでしょう。

また、歯ブラシを使った歯磨きができたとしても、いろいろなアプローチで歯周病ケアをすることが、ケア効果をより高めてくれるはずです。

ここではなタイプの異なる歯周病ケア用品をご紹介します。

使いやすそうなタイプのケア用品をぜひ見つけてくださいね。

手軽に使える!液体タイプの歯周病ケア用品

液体タイプの歯周病ケア用品は、犬の口の中に直接スプレーしたり飲み水の中に垂らしておくなどでき、手軽に使えるところがメリットです。

ただし、歯ブラシを使った歯磨きのような歯垢除去効果は期待できません。

あくまでも歯周病ケアの補助的な使い方が適しています。

液体タイプの歯周病ケア用品
歯周病ケアの効果:歯垢がつきにくくする・口腔内の殺菌・口臭予防
おすすめの使い方:歯ブラシが難しい犬・歯磨きケアの補完用・カロリーが気になる犬

おやつタイムが歯磨きタイム!おやつタイプの歯周病ケア用品

おやつタイプの歯周病ケア用品の最大のメリットは、犬が喜んで食べているうちに歯の汚れが落とせることです。

歯磨きは嫌いでもおやつは大好きな食いしん坊の犬はたくさんいますよね。

ただし、液体タイプと同様におやつタイプも歯ブラシを使った歯磨きと同程度の歯垢除去効果は期待できません。

また、骨やヒヅメのような硬いものは歯に傷がついたり歯が折れる原因になるため、おやつ選びには注意が必要です。

歯周病ケアを目的にしたおやつは、必ず「歯磨き専用タイプ」を選びましょう。

おやつタイプの歯周病ケア用品
歯周病ケアの効果:歯の汚れを落とす・歯石増加予防・口腔内の殺菌・口臭予防
おすすめの使い方:いつものおやつ代わり・歯ブラシが難しい犬

しっかり歯垢を落とすならこれ!歯ブラシタイプの歯周病ケア用品

歯の汚れや歯垢をしっかり落とすなら、物理的に擦れる歯ブラシタイプが最強です。

トイプードルのように口が小さな小型犬が使いやすい形状や、ブラシ部分が360°タイプのもの、犬の口内に合わせて絶妙な角度がつけられたものなど、驚くほどいろいろな種類があります。

愛犬の歯を磨きやすいブラシが見つかると歯磨きがしやすくなり、飼い主さんと愛犬双方のストレスが軽減できますよ!

なお、愛犬に歯石がある場合は【犬の歯石取りは何歳から?歯石取りの費用相場や保険の適用について】もあわせてご確認ください。

歯ブラシタイプの歯周病ケア用品
歯周病ケアの効果:歯垢を落とす・歯周ポケットの中まできれいにする
おすすめの使い方:自宅でできる歯周病ケアの主力として

歯周病とは無縁の老犬を目指そう

子犬の頃からしっかり歯磨きをしてこなかった犬は、いずれ歯周病にかかることになるでしょう。

現に、成犬以降の犬の8割以上が歯周病にかかっているといわれています

犬のオーラルケアは子犬から始めるのが理想的ですが、愛犬の歯磨きが上手くいかなかった飼い主さんもあきらめることはありません。

もしも愛犬が歯周病にかかっていたらすぐに治療を開始し、治療後はきちんと歯周病ケアに励みましょう。

愛犬が老犬になっても大好きなおやつをかじれるようにしてあげられるのは、飼い主さんだけですよ!

なお、口臭がひどい場合はあわせて【犬の口臭の原因と自宅ケア方法】もご確認ください。

<犬種問わず、愛犬の健康維持におすすめ!「うちのトイプー」500円モニター実施中>

監修者:望月 紗貴

うちのトイプー開発責任者。犬の管理栄養士、愛玩動物救命士、ペット看護士資格、ペット介護士資格、ペットセラピスト資格、ドッグトレーニングアドバイザー、ドッグヘルスアドバイザー、その他上級食育士、アレルギー対応食アドバイザーなど、数多くの資格を保有。過去にドッグトレーナーとして働き、現在は愛犬ゴールデンレトリバー、ドーベルマン(元保護犬)、ボルゾイ、ボーダーコリー、愛猫3匹と暮らす。愛犬バーニーズマウンテンドッグの腫瘍発覚後から、長年の間犬の生物学を学ぶ。

公式HP:https://true-dog-lover.com/

Share this on