• 犬の病気
  • うちのトイプーSOS

【2022年最新情報】犬の救急動物病院おすすめの24時間対応|神奈川県版

Share this on

愛犬の体調不良に緊急性があると判断したら、一刻も早く動物病院に連れて行ってあげることが大切です。

しかし、どんな症状が緊急性が高いのか、どこに救急動物病院があるのかを知らない飼い主さんも少なくありません。

犬の体調不良やケガは軽いものから重篤なものまで様々ですが、緊急性はないと油断することで命を落としてしまうことも

そこで今回は、犬の緊急性の高い症状や神奈川県のおすすめ救急動物病院をご紹介します。

序文後のバナー

救急病院に愛犬を連れて行った方が良い症状(一例)

愛犬の体調が悪くなるのは突然のことで、かかりつけの動物病院が休みの日や診察時間外ということも多いですね。

緊急性があるのかないのか判断は難しく、かかりつけの動物病院が開くまで待つべきか、すぐに24時間対応している救急病院に行くべきかは悩むところではないでしょうか。

判断を誤って手遅れにならないためにも、愛犬を救急病院に連れて行った方が良い緊急性の高い症状を知っておきましょう。

【緊急性の高い症状(一例)】

  • 呼吸が速い、苦しそう
  • 舌の色が白、青白、紫色になっている
  • ぐったりしている、立つことができない
  • 何度もトイレに行くがおしっこが出ない
  • お腹が膨れて、吐きたそうにしても吐けない(胃膨張胃捻転症候群の疑いがあるとき)
  • 5分以上続くけいれん、けいれんを続けて何回も繰り返す
  • 体が熱い、冷たい
  • 元気がなく嘔吐や下痢を繰り返す

もちろん、これらの症状だけでなく、ケガをしてしまったり食べてはいけないものを食べてしまった時や愛犬の様子が明らかにおかしいと感じた時は、日中や夜間に関わらず動物病院に連れて行ってあげなければいけません

また、かかりつけの動物病院が緊急時に対応してくれるなら夜間救急動物病院や24時間対応の動物病院にこだわる必要もありませんが、緊急時に対応していない場合では、救急動物病院の場所や移動方法も考えておきましょう

神奈川にある犬のおすすめ救急動物病院6選

神奈川県にはたくさんの動物病院がありますが、愛犬の緊急時にお世話になれる24時間対応の動物医療センターや夜間救急動物医療センターは限られています

夜間対応してくれる動物病院が少ない厚木や、逆に動物病院が多く健在する横浜の飼い主さんにもおすすめできる犬の救急病院をピックアップしているので参考にしてください。

緊急時は24時間対応してくれる|保田動物病院

横浜市戸塚にある「保田動物病院」は、一般診療や高度医療を行っている病院で、診療時間や休診日が決まっていますが、愛犬の緊急時には年中無休で24時間対応してくれます。

湘南エリアの指定救急病院ということもあり、的確な診断や処置に定評がある動物病院で、戸塚という場所柄から横浜市内はもちろん藤沢市や鎌倉市の飼い主さんも行きやすいのではないでしょうか。

また、同じ戸塚町にある「保田第2動物病院」も同じ系列の病院ですが、こちらは24時間の受付はしていないため連絡をする時は間違えないようにしましょう。

■保田動物病院
公式HP:https://yasuda-vet.jp/about-first/
住所:神奈川県横浜市戸塚区戸塚町4181
電話:045-881-3533
緊急時:24時間対応

保田動物病院の口コミ

”愛犬が前庭疾患の発作を起こしたので、電話連絡してから夜中に緊急にて診察治療に伺いましたが、非常に綺麗な病院で獣医師さんの対応も丁寧で、設備も見るからに整った感じの人間で言う総合病院の風情。高度救急医療対応らしく、ペットを飼ってる方には強い味方だと思います。夜間救急料金は、1万円でした。”
出典:Google口コミ「保田動物病院」


高度な医療機器と急患対応もあり安心な病院です。周辺駐車場代も事後に負担して下さいました。”
出典:Google口コミ「保田動物病院」

”とても親身になって見ていただきました。主担当は決まっていても複数の先生方が情報を共有していて安心感が有りました。”
出典:Google口コミ「保田動物病院」

口コミ高評価|湘南夜間救急動物病院シーメック

藤沢市にある「湘南夜間救急動物病院シーメック」は、夜間の緊急時に応えたいという地域の獣医師たちが集まって設立された夜間救急専用の共同病院です。

そのため、飼い主さんや愛犬に寄り添った地域診療で、夜間料金はかかりますが、診療費は一般診療と変わらず良心的なのもポイントです。

平塚にある「夜間救急動物医療センター」と同列の病院で、翌朝6時までの診療時間ですが、愛犬の状態によってはかかりつけの動物病院が開院するまで対応してくれます。

■湘南夜間救急動物病院シーメック
公式HP:http://seamec2006.com/
住所:神奈川県藤沢市片瀬4-14-8
電話:0466₋26₋9912
診療時間:21:00~翌朝6:00

湘南夜間救急動物病院シーメックの口コミ

”食卓に飛び乗り、玉ねぎのスライスを食べてしまったシ-マルの困った君。ネットで調べたら〈すぐ病院へ!〉すでに21:00 先代のWON君もお世話になったシ-メックに行ったら、先生が丁寧に説明して下さいました。体重✕5%までは食べても問題無いだろとの事。安心できました!夜間救急病院があるのは本当に助かります!ありがとうございます‼️”
出典:Google口コミ「シーメック」

”診察後、主治医の先生にFaxで引き継ぎしてくれたので、翌日のかかりつけ病院での診察もスムーズ。処方の説明も丁寧ないい先生でした。必ずtelしてから向かいましょう。”
出典:Google口コミ「シーメック」

”愛犬を診ていただきました。肺水腫と心臓病持ちで夜間に呼吸間隔が急変したため、急遽お世話になりました。
レントゲンや血液検査を行い、結果を見ながら丁寧に説明していただきました。レントゲン、血液検査、投薬4本、酸素室30分の対応で保険が効かないと4万弱の価格になりますが、適正価格だと思います。何にいくらかかったのか明細も説明していただけますので明朗会計だと感じました。カードの利用も可能です。
かかりつけに持っていけるよう、検査結果や画像データも纏めて頂きました。
肝心の愛犬ですが、薬が効いたようでその後は元気に過ごしています。本当にお世話になりました。緊急にならないことが一番ではありますが、また有事の際にはこちらへ伺わせていただこうと思います。”
出典:Google口コミ「シーメック」

”愛犬が肺水腫でかかりつけ獣医さんのところで5日間入院。退院してホッとしたのもつかの間、夜間に呼吸が浅くなったので、獣医さんから教わっていた救急病院へタクシーで連れて行き、先生二人に対応していただきました。診察の結果を丁寧に説明してもらい、問題ない事が分かり、安心して帰宅出来ました。こういう病院があると飼主としては安心できます。”
出典:Google口コミ「シーメック」

朝8時まで診てもらえる|相模原どうぶつ医療センター

相模原市にある「相模原どうぶつ医療センター」は、通常診療も行っている動物病院です。通常診療が19:00に終了した後の21:00からは夜間救急が始まります。

愛犬の状態が緊急性が高いと判断された場合は、時間に関係なく24時間対応してもらえるため、飼い主さんとしては安心できるのではないでしょうか。

高度医療に対応して設備も整っているため、かかりつけの動物病院としてだけでなく救急病院としても頼りになる病院です。

■相模原どうぶつ医療センター
公式HP:https://mc.aeonpet.com/sagamihara/
住所:神奈川県相模原市南区古淵2-17-10
電話:042-757-2230【夜間救急】042-757-3166
夜間受付:21:00~翌朝8:00

相模原どうぶつ医療センターの口コミ

”早朝急患でお伺いしました。とにかく早く処置をしてくださり、大事に至らずに済みました。とても感謝しております。
状況により、主治医への診察も必要だった為、直ぐに診察履歴を記載してくださり、安心してお任せすることが出来ました
急患での受診は極力避けたいと思っておりますが、何かあった際には受診させて頂きます。
提携駐車場もあり、とても便利な立地でした。
先生始め、スタッフの皆さん、ありがとうございました。”
出典:Google口コミ「ペテモどうぶつ医療センター相模原」

”ちょっと待ちましたが親切に説明と診察内容を教えてもらい、飼い主に対しても優しかった。料金は夜間なのでちょっとかかりますが。”
出典:Google口コミ「ペテモどうぶつ医療センター相模原」

”長い間お世話になりました。本当にありがとうございます!
いつも優しくて、動物のケアを大切にしていて、知識が高くて、飼い主の心配を聞いて、深夜の緊急の時でも対応できる動物病院です。とてもオススメです。”
出典:Google口コミ「ペテモどうぶつ医療センター相模原」

夜間の口コミ評判が良い|DVMsどうぶつ医療センター横浜

横浜市にある「DVMsどうぶつ医療センター横浜」は二次診療を行う動物病院ですが、夜間は救急対応してくれます

日中は犬や猫の高度医療を行っているとあって、設備の充実や緊急時の対処には定評があります。

これまでは21:00~翌朝5:00までの救急受付でしたが、2022年2月1日からは救急受付の時間が変更となるため注意してください。

■DVMsどうぶつ医療センター横浜
公式HP:https://yokohama-dvms.com/
住所:神奈川県横浜市都筑区川向町966-5
電話:045₋473₋1289
救急受付:20:00~24:00

DVMsどうぶつ医療センター横浜の口コミ

”夜間や年末年始等、病院が休みの時に限って飼犬が具合を悪くすることが多く、その都度利用しています。どうしても混みがちなので、一度電話してから伺うなどの配慮は必要かなと思います。あくまでも救急医療で、その後かかりつけ医に行くことにはなりますが、的確な対処をしてくれるので、かかりつけ医が開院するまで安心して過ごすことができます。”
出典:Google口コミ「DVMsどうぶつ医療センター横浜」

”夜中に愛犬の体調が急に悪くなりお世話になった事があります。通常の動物病院とは違って継続的な治療はしていない為、その後の診察や治療はかかりつけの動物病院に行く事になりますが、夜中に動物の具合が悪くなった時に診察してくれるのは本当にありがたいです。料金は夜間の救急動物病院なので安いとは言えませんが、夜間に対応してくれる動物病院があって良かったです。会計はクレジットカードが利用出来ました。”
出典:Google口コミ「DVMsどうぶつ医療センター横浜」

”夜間に診療して頂けるのは大変有り難い事です。
預かった息子のイヌが夜間に倒れ死にかけました。診察の結果、心タンポナーゼとの事。一晩入院し、翌日かかりつけ医に、治療等適切な紹介状で引たき継がれました。感謝です。”
出典:Google口コミ「DVMsどうぶつ医療センター横浜」

良心的な値段に感謝の声が多数|夜間救急動物医療センター

平塚市にある「夜間救急動物医療センター」は夜間救急専門の病院ですが、深夜の緊急時に応えたいという思いを持った地域の獣医師たちによる共同病院です。

飼い主さんや愛犬に寄り添い安心や不安を取り除くために夜間救急動物医療センターが設立されたとあって、夜間診察料はかかりますが、検査や処置にかかる費用は通常の一般診療とさほど変わりはありません

厚木市には夜間対応できる動物病院がありませんが、厚木市内の動物病院では夜間の緊急時に夜間救急動物医療センターを紹介しているほど!多くの獣医師からも支持されている安心できる病院です。

■夜間救急動物医療センター
公式HP:http://www.neamec.com/
住所:神奈川県平塚市片岡21₋1
電話:0463-59-5900
診療時間:21:00~翌朝6:00

夜間救急動物医療センターの口コミ

”10歳のトイプードルが夜中に突然嘔吐、尋常じゃない量と回数にびびりまくってこちらにお電話し診察していただきました。というか今います。夜間診療なのに血液検査やレントゲンまで対応していただきました。
支払いはクレジットカードのみってところがまたいい。夜間にそんな現金持ってないっすよね。”
出典:Google口コミ「夜間救急動物医療センター」

”丁寧に診察して頂きました。絶えず具合の悪いワンちゃんやネコちゃんが来て忙しそうでした。うちの子は、夜間を乗り越えて翌日かかりつけ医に直行しましたが、ホントにありがたかったです。”
Google口コミ「夜間救急動物医療センター」

”以前飼っていたわんちゃんが夜中に体調を崩し、色々調べてこちらに行きました。車内で亡くなってしまってたのですが、本当に亡くなっているか診てもらいたく、そのまま行きました。着いた時には亡くなっていましたが、身体を綺麗に処置してくださり、安らかな顔をして戻ってきました。初診でしたが、亡くなっていたので費用は取られなかったと思います。数年前で、若い先生と看護師さんでしたが最期に親切にしていただき、とても感謝しています。”
出典:Google口コミ「夜間救急動物医療センター」

”今まで夜間診療は何度か行きましたが一番親切で一番格安でした。「心より感謝」資料費用は診察+超音波エコー+点滴+抗生物質注射+診断書=13500円でした。”
出典:Google口コミ「夜間救急動物医療センター」

会員になれば夜間料金が無料|VCJ動物医療センター駿河

神奈川県では24時間対応の動物病院は少ないですが、少し足を伸ばした静岡県の御殿場にある「VCJ動物医療センター」は24時間対応なので愛犬の緊急時にも安心です。

専門医療を得意とし、先進医療を行う病院ならではの設備の充実や処置は緊急時の対応も安心なのではないでしょうか。

クラブVCJの会員になると、グループ動物病院の診療費の10%OFFや夜間料金無料など、様々な特典があります。緊急で駆けつけても当日無料で会員になることもできるのはありがたいですね。

御殿場インターからすぐの場所で厚木インターからでも40分程度と、救急病院のない厚木周辺の飼い主さんも行きやすいでしょう。

■VCJ動物医療センター駿河
公式HP:https://vcj-sulga.com/
住所:静岡県御殿場市東田中1078-1
電話:0550₋83₋5115
診察時間:24時間対応

VCJ動物医療センター駿河の口コミ

”親身に対応してもらいました。
医療のための設備も充実しています。”
出典:Google口コミ「VCJ動物医療センター駿河」

”土曜日の深夜にワンちゃんを救急で診ていただきました。深夜帯ということもあり、ちゃんと診てもらえるのか心配していましたが、受付けから診察までスムーズでしたし、先生やスタッフの対応も期待以上で、飼主として安心できました。
週明けに携帯に『ワンちゃんの様子は如何ですか?』と心配して連絡頂いたことも嬉しかったですね。
地元は離れているのでかかりつけ病院としては無理ですが、本当にお世話になりました。東京都立川市に分院を出して頂けたらと思ってしまいます。感謝!”
出典:Google口コミ「VCJ動物医療センター駿河」

”個人病院に通院していましたが その病院に不安感が出たと同時ぐらいに夜中に体調不良になって受診しました。正直 料金は高いですが 言葉を発する事が出来ない分 元気がなかったり不安な時は 深夜でも対応、生死に関わるような重篤な時にも朝を待たずに診察していただける病院です。先生方もとても優しく親切。入院し退院した翌日には様子の確認電話をいただき 不安なく過ごせました。”
出典:Google口コミ「VCJ動物医療センター駿河」

バナー

神奈川県の救急動物病院選びで気をつけたいこと

普段利用する動物病院の選び方は、飼い主さんによって選ぶ基準が異なるでしょう。しかし、愛犬の緊急時に利用する救急動物病院では、最低限チェックしておきたいポイントがあります。

ここでは、神奈川県の救急病院選びで気をつけたいことや、チェックするポイントをご紹介します。

動物病院の駐車場の有無や立地の確認

神奈川県の救急病院選びのポイントとして、立地や駐車場の有無は確認しておきたいところです。

愛犬の緊急時ともなれば飼い主さんも冷静でいることは難しく、とにかく急いで救急動物病院に向かおうと車に飛び乗るのではないでしょうか。

しかし、救急動物病院に駐車場がなかったり、わかりにくい場所に病院があった場合では、駐車場探しや動物病院探しに時間をとられてしまいます。

また、ただでさえ緊急時で気持ちが焦っている時に駐車場のスペースが狭ければ、運転に自信がない飼い主さんでは事故を起こしてしまう可能性もありますね。

緊急時に対応している24時間対応の動物病院や夜間救急動物病院の多くは、近隣のコインパーキングと提携していたり、駐車場のスペースを確保していますが、事前に駐車場の有無や駐車場に何台車がとめられるか、動物病院がどんな場所にあるかは確認しておきましょう

夜間料金や時間外料金の確認

24時間対応、夜間救急動物病院、緊急時に対応してくれる動物病院では、診療費とは別に夜間料金や時間外料金が必ずかかってきます

その金額は動物病院によって異なりますが、だいたい5,000円~13,000円くらいです。

夜間救急を受け付けている動物病院に電話をすると、夜間料金や時間外料金がいくらかかるかを告げられた上で受診するかどうかの確認をされます。

そこで金額に躊躇してほかの夜間救急動物病院を探し直すというのは、一刻の猶予も無駄にできない愛犬のためにも避けたいことですね。

24時間対応の動物病院や夜間救急動物病院では病院のHPに夜間料金や時間外料金を明示しているため、事前に確認しておくことをおすすめします。

また、かかりつけの動物病院が緊急時に対応してくれるのであれば、予め金額を聞いておくといいでしょう。

クレジットカード払いや現金払いの確認

普段利用する動物病院は、クレジットカードや電子マネー、現金など様々な支払い方法が可能であることが多いですね。

しかし、夜間救急を専門に行う動物病院や24時間対応の動物病院によっては、クレジットカード払いだけであったり、現金払いだけということも少なくありません

また、動物病院に着いたら保証金として3万円を預けるという病院もあります。

愛犬の緊急時である以上、検査や処置など高額な診療費になることも多いため、支払方法などは事前に確認しておきましょう。

対応しているペット保険の確認も
窓口清算できるペット保険に加入している飼い主さんは、アニコムやアイペットなどどこのペット保険に対応しているかも確認しましょう。

動物病院の設備の確認

夜間救急動物病院や24時間対応の動物病院など、緊急時に対応している大きな動物病院では検査や処置ができる設備が整っていることがほとんどですが、個人経営などの小さな病院ではレントゲンすらない病院もあります

愛犬の緊急時でなければ設備の充実はそこまで重要ではありませんが、緊急時の救急病院として訪れる場合は、緊急時に適切な処置をする上で検査は欠かせないため、設備がどれだけ整っているかは確認しておきたいところです。

設備チェックのポイント
レントゲン、超音波検査(エコー検査)、血液検査、内視鏡、CTやMRIなど

事前に電話連絡が必要か確認

愛犬の緊急時にすぐに動物病院に駆け込みたい気持ちはわかりますが、緊急時の対応をしている動物病院は、事前に電話連絡が必要なことがほとんどです。

もちろん、中には「電話連絡する余裕がなければ直接来院してください」という動物病院もありますが、訪れる救急動物病院が事前に電話連絡が必要かどうかは確認しておきましょう。

電話連絡は病院側の準備であったり、飼い主さんが病院に着くまでにできる処置の指示、緊急性の判断、持ち物の指示など様々な理由があります。

電話連絡する際のポイント
・愛犬の症状を伝える:いつから、どんな様子、きっかけ、持病など
・病院への到着時間を伝える:だいたいの時間
・持参する必要があるものは何か:血便、血尿、嘔吐物など

電話連絡が必要な救急病院では、飼い主さんが持参する必要がある物も指示されるため、忘れずに用意しましょう。

【持参する物の一例】

  • かかりつけ動物病院の診察券
  • 愛犬が普段飲んでいる薬
  • 誤飲した場合は残ったものや同じ成分がわかるもの
  • 愛犬の症状としての尿、便、嘔吐物など
  • 飼い主さんの身分証明書
  • クレジットカードや現金

※持って行く物は病院によって異なります

家の近くの夜間救急動物病院の確認

24時間対応の動物病院のほかに、家の近くの夜間救急動物病院を調べておくことも大切です。

夜間に体調を崩す犬は意外にも多く、神奈川県内の救急病院の数が限られることから、緊急で訪れたのにも関わらず混雑していることがほとんどです。

救急動物病院に断られることはほとんどありませんが、病院に電話した時に待ち時間が長いことを告げられることもあるため、その場合は他の近くの夜間救急動物病院にも連絡して待ち時間が短い病院を選ぶという方法も1つです。

住んでいる場所の近くの夜間救急動物病院を何件か調べて書き留めておくことで、愛犬がもしもの時に慌てることもありません。

また、どんなに良さそうな救急病院であっても、移動に何時間もかけるのは緊急時の愛犬の負担をますます重くしてしまうため、できるだけ近くの夜間救急動物病院を選んであげてくださいね。

愛犬の緊急時のために犬の救急病院を調べておこう

今回は、神奈川県の犬の救急病院や愛犬を救急病院に連れて行った方が良い緊急性の高い症状をご紹介しました。

愛犬の突然の体調不良には飼い主さんもパニックになりやすく、どうしていいかうろたえてしまうこともあるでしょう。

愛犬に緊急性の高い症状が見られた場合は一刻の猶予も無駄にできませんね。

愛犬が元気なうちから、もしもの時はどこの救急病院に連れて行くかを決めておくことは大切なことです。

家から近くの夜間救急動物病院や、24時間対応の動物病院を調べてみてくださいね。

まとめ後のバナー
Share this on