• トイプードル

2021年最新!人気犬種ランキング・人気犬種の特徴

Share this on

犬の種類は非常に多く、国際畜犬連盟で公認されている犬種だけでも352種類もの犬種が存在します。

これから犬を家族として迎え入れたいと考えている方は、犬種別の特徴を理解して自分の生活や生活環境に適した犬種選びをすることが大切です。

今回は、人気犬種を特徴など踏まえてランキング形式でご紹介しますので、犬を迎え入れたいと考えている方は是非参考にしてください。

なお、犬種別の特徴に関しては、あくまで一般的な見解です。

個体差や生活環境、育て方など様々な要因で差が生じるため、あくまで参考としてご確認ください。

<犬種問わず、愛犬の健康維持におすすめ!「うちのトイプー」500円モニター実施中>

世界には何種類の犬種が存在する?

2021年現在、非公認の犬種を含めると世界に750〜850もの犬種が存在しています。

その中から1匹の犬に出会うということは、まさに「運命の出会い」といえるでしょう。

しかしあまりにも犬種が多いので、どのような特徴がある犬が人気犬種ランキング上位なのかを知っておいて損はないと思います。

人気な理由を知ることで、自分の生活スタイルなどに合わせて犬種選びをすることが可能です。

【2021年最新版】人気犬種ランキング発表1位〜5位

人気犬種ランキング上位の1位〜5位の犬種について、詳しく解説していきます。

どの犬種も一度は耳にしたことがある犬種だと思いますので、どのような特徴があるのか知っていただき犬種選びの参考にしてください。

1位 トイ・プードル

人気犬種ランキングで12年連続1位!

抜け毛や体臭が少ないなどの魅力が多く、初めて犬を飼う方にもおすすめです。

ふわふわと見た目がたまらなく可愛い犬種です。

なお、トイプードルの値段相場を知りたい方は【トイ・プードルの値段相場は?性別・種類によって値段は変わる?】をご確認ください。

特徴

犬の被毛には、「オーバーコート」と呼ばれる皮膚の保護を目的としたしっかりとした毛と「アンダーコート」と呼ばれる保温などを目的とした柔らかい毛の2種類あり、アンダーコートが生えていない被毛を「シングルコート」と呼びます。

トイ・プードルは毛が抜けにくい「シングルコート」なので、抜け毛でお部屋の掃除に苦労することが少ないと言われており、犬特有の体臭も比較的少ないのため、犬を飼ったことのない方にも飼いやすい犬種です。

平均寿命も14〜17歳と他の犬種比べて長く、適度な運動やバランスの良い食事などで健康を管理すれば、さらに寿命をのばすことが可能になるでしょう。

また、毛色は人気のレッドやめずらしいアプリコットなど10種類以上あり、被毛の伸びるスピードが他の犬種に比べて早いため、たくさんのカットスタイルでおしゃれを楽しむことができます。

なお、毛色による特徴を知りたい方は、下記のリンク先をご確認ください。

平均体重

平均体重は3~4kg前後でとても小さい犬種です。そのため、中型犬や大型犬と比較するとドッグフード代も安く、賃貸など飼育スペースが限られている場合でも家の中で遊んであげることができます。

また、お散歩も大型犬に比べると短い時間で良いのも、忙しい飼い主さんには嬉しいポイントですね。

トイ・プードルは体重と体高によって呼び方が変わり、小さい順から「トイ・プードル」・「ミニチュア・プードル」・「ミディアム・プードル」・「スタンダード・プードル」になります。

性格

穏健で人懐っこいため、子どもがいたり他にペットがいる場合でも安心して家族に迎え入れることができます。

またトイ・プードルはとても賢いため、適切な上下関係を築くことができればしつけがスムーズです。

トイ・プードルの食事管理に興味がある方は、【トイプードル用ドッグフードはどう選ぶ?必要栄養素など】ご確認ください。

<犬種問わず、愛犬の健康維持におすすめ!「うちのトイプー」500円モニター実施中>

2位 チワワ

世界的にも小さい犬として知られ、守ってあげたくなる可愛さです。

見た目とギャップのある性格も特徴的な犬種!

特徴

頭が丸い形りんごのようなので「アップルドーム」と呼ばれており、大きな愛らしい瞳の外見が特徴的です。

チワワは被毛の種類が豊富で、単色だけでなく3色以上の組み合わせをした犬もいるため個性を出すことができます。

また被毛の長さも、短く艶のある「スムースコート」と長く柔らかい「ロングコート」の2種類がいるので、それぞれのメリットデメリットや見た目の好みから選ぶことができるのも嬉しいポイントです。

平均体重

平均体重は、1.5〜3kgでとても小さい犬種です。

そのため、中型犬や大型犬と比較するとドッグフード代も安く、賃貸など飼育スペースが限られている場合でも家の中で遊んであげることができます。

また、お散歩も大型犬に比べると短い時間で良いのも、忙しい飼い主さんには嬉しいポイントですね。

性格

活動的で遊ぶのが大好きですが、とても小さい身体なので室内で遊んであげることができます。

初対面の人などには懐きにくいですが、飼い主や家族などに対する愛情や独占欲は強い性格です。

他にも警戒心が強く、自分よりも大きな犬に対しても吠えたりするほどで、無駄吠えが多くならないように子犬の時期からしっかりしつけをする必要があります。

3位 ミニチュア・ダックスフンド

胴長短足の特徴的なフォルムから、多くの世代に愛されている犬種!毛の種類や毛色の組み合わせが多くあるのも人気の理由!

特徴

ミニチュア・ダックスフンドの特徴である長い胴と短い足で、一生懸命歩いている姿はとても愛らしく人気のある犬種です。

被毛の長さも、短い「スムースコート」と長い「ロングコート」、ウェーブがかった長い毛の「ワイヤーコート」の3種類あります。

また毛色もとても多く、その組み合わせは160以上を超えるといわれているほどの多さです。

平均体重

平均体重は3〜5kgです。

ダックスフンドは体重と大きさによって種類が変わり、小さい順から「カニンヘン・ダックスフンド」・「ミニチュア・ダックスフンド」・「スタンダード・ダックスフンド」です。

胴長短足な体型なため、椎間板ヘルニアになるリスクが高いので、腰の負担をかけない環境づくりが大切です。

性格

ミニチュア・ダックスフンドのルーツは猟犬で、とても元気で賢く飼い主さんに従順な性格です。

そのため、しつけがしやすく犬を飼うのが初めての方でも比較的飼いやすい犬種です。

4位 ポメラニアン

小さい体にふかふかの毛で特徴的な犬種!まるまるとしたシルエットがたまらなく可愛いポメラニアン。見た目とは違い強気な性格⁉︎

特徴

被毛がとても多くふわふわとした見た目で、「ダブルコート」と呼ばれる二層の毛が特徴的な犬種です。

毛色の種類が多く、クリームや黒などをはじめとして25種類以上もあるといわれています。

平均寿命も11〜15歳と比較的長く、最近ではドックフードの品質が高くなっているのと、医療の進歩により20歳近くまで生きるポメラニアンもいます。

平均体重

平均体重は2〜3kgですが、まれに10kg近い大きなポメラニアンもいる個体差が大きい犬種です。

親や祖父母からの遺伝で大きくなる場合もあるので、親の成犬時の体重の参考になります。

性格

ポメラニアンのルーツは放羊犬なので気が強く、警戒心も強い性格です。

しかし頭の良い犬種でもあるため、子犬の時期からいろいろな経験をさせてあげたり、しっかりとしつけをすることで賢くなります。

5位 フレンチ・ブルドッグ

個性的な見た目がクセになる犬種。日本だけでなく、海外セレブなどにも愛好家が多い人気上昇中のフレンチ・ブルドッグ!

特徴

顔にシワが多く、マズルの短い鼻やしゃくれたような口が「ユニークで可愛い」といわれて親しまれている犬種です。見た目に反してとても愛嬌があり、顔と性格のギャップが人気の理由。

また、他の犬と比較すると頭数が少ないのも特徴です。

理由はフレンチ・ブルドッグの頭が大きく自然分娩が困難なため、帝王切開になることが多く母体に負担がかかってしまうなどの理由で、繁殖が難しいからです。

また、一度に生まれる頭数も少ないので希少価値が上がっています。

平均体重

平均体重は8〜14kg

フレンチ・ブルドッグは体質的に運動が得意ではなく、運動のしすぎで体調を崩してしまうおそれもあるため、体重のコントロールがとても難しい犬種です。

肥満は多くの健康トラブルを引き起こす原因ですので、体重管理には十分注意する必要があります。

性格

体格がしっかりしているので、少しこわいイメージがあるかもしれませんが、実はとても甘えん坊な性格です。

そして優しく穏やかな性格が多く、無駄吠えが少ないのでとても飼いやすい犬種です。

未来の愛犬と出会うために

トイ・プードルをはじめとする人気犬種ランキング上位5種類について紹介しましたが、どの犬種も魅力が多くて悩んでしまいますよね。

初めて犬を飼う方は、可愛さだけではなく家庭環境なども含めて考えるようにましょう。

また、今回紹介したランキングは小型犬メインでしたが、他にも中型犬や大型犬もいるので気になる方は調べてみてください。

犬を飼いたいと思っている方が素敵な出会いをするための参考になれば幸いです。

なお、ランキング1位のトイプードルについて知りたい方は【トイプードルカテゴリー記事一覧】をご確認ください。

<犬種問わず、愛犬の健康維持におすすめ!「うちのトイプー」500円モニター実施中>

監修者:望月 紗貴

うちのトイプー開発責任者。犬の管理栄養士、愛玩動物救命士、ペット看護士資格、ペット介護士資格、ペットセラピスト資格、ドッグトレーニングアドバイザー、ドッグヘルスアドバイザー、その他上級食育士、アレルギー対応食アドバイザーなど、数多くの資格を保有。過去にドッグトレーナーとして働き、現在は愛犬ゴールデンレトリバー、ドーベルマン(元保護犬)、ボルゾイ、ボーダーコリー、愛猫3匹と暮らす。愛犬バーニーズマウンテンドッグの腫瘍発覚後から、長年の間犬の生物学を学ぶ。

公式HP:https://true-dog-lover.com/

Share this on