• 犬の病気
  • うちのトイプーSOS

老犬の目の病気3つの種類別の症状【動物看護師解説】

Share this on

老犬になると、目に関連するトラブルや病気が増えますが、目がおかしい、目が開かない、閉じない、赤い、出血しているなどの症状が出ている場合は注意が必要です。

老犬の目に何かしらの症状がある場合は、何より獣医師に相談して検査を受けることが大切です。

今回は、老犬の目の症状別に考えられる病気の種類について知りたい方のために、症状別の目に関連する病気をご紹介します。

なお、うちのトイプーでは犬の病気に関わる情報を配信しておりますので、興味がある方は【犬の病気カテゴリー】もご参照ください。

最初のバナー

老犬の目の病気の注意したい症状

老犬の場合、白内障や緑内障など様々な目の病気に配慮が必要ですが、目が開かない、閉じない、赤い、出血している、白く濁っているなどの症状が出ている場合は注意が必要です。

その他、黄色い目ヤニが継続して出る場合も、早めに獣医師に相談して検査を受けましょう。

老犬の目の病気の種類別の症状

老犬の目の病気の症状は様々ですが、同じ病気であっても出る症状には個体差があります。

ここでは、一般的にでやすいと言われている症状をご紹介させていただきます。

ステージによって症状が異なる「白内障」

犬の白内障も人間と同様に、目の中にある水晶体が白く濁ってしまう病気です。

一般的には遺伝子的な要因で白内障になりやすいと言われていますが、確実な発症メカニズムが解明されていないのが特徴です。

初期段階|カメラのレンズ的な機能の役割を果たす水晶体のふち部分が少し白く濁る
未熟白内障|水晶体の中部分が白く濁ってきて、視覚障害が生じ始める
成熟白内障|視力が著しく低下して、物に当たる、散歩をしたがらないなどの症状が出る
過熟白内障|失明間際で視力が低下して、水晶体が硬くなる

初期段階の白内障では、カメラのレンズ的な機能の役割を果たす水晶体のふち部分が少し白く濁りますが、その他の症状が生じにくいので飼い主さんも気づきにくいのが特徴です。

初期段階の次のステージである未熟白内障では、よく見ると老犬の水晶体の中部分が白く濁っているのが確認できます。

老犬にも視界にぼやけが生じたり、目がかすんだりするような症状が出やすいので、飼い主さんも異変に気づきやすくなります。

次のステージの成熟白内障になると、水晶体部分全体に白い濁りが生じて真っ白になるため、飼い主さんが完全に老犬の異変に気づきます。

また、このステージまで来てしまうと、老犬の視力が著しく低下して、物に当たる、散歩をしたがらないなどの症状が出ます。

最終ステージである過熟白内障になると、失明間際となるため老犬の視力の低下はもちろんですが、水晶体も硬くなってしまい、本来あるべき場所からズレたり、重度の炎症が引き起こされることもあります。

このように、老犬に生じやすい白内障では、ステージ別に症状が異なり、ステージによっては視力の低下を中心に犬のQOL低下を引き起こします。

白内障にかかりやすい犬種の場合は、特に日頃から愛犬の目の様子をこまめに確認して、できる限り早い段階で白内障の進行を抑えるための治療をしてあげられるようにしましょう。

目が充血していたら要注意「緑内障」

老犬に多い緑内障は、目の中にある液体である眼房水と呼ばれるものが溜まってしまい、眼圧が高くなることで痛みなど様々な症状を引き起こす目の病気です。

緑内障で引き起こされやすい症状
元気がなくなる・食欲が低下する・目が白く濁る・目が開かない(開けにくい)・瞳孔が開いてしまうなど

老犬が緑内障になると、目の症状だけでなく元気がなくなったり食欲低下が引き起こされるため、初期段階では飼い主さんが気づきにくいのが特徴です。

また、他の病気だと勘違いしてしまうケースもあるので、注意が必要。

老犬の目の様子をしっかりと観察して、目が白く濁っていたり、目が開かないなどの症状が確認された場合は早めに検査を受けさせましょう。

また、痛みを伴うことがあるので放置してしまうと、老犬が可哀想です。

なお、犬の緑内障には「原発性緑内障」と「続発性緑内障」の2種類がありますが、犬の年齢に問わず、緑内障になりやすい犬種は特に注意が必要です。

シーズーやアメリカンコッカースパニエル、ダルメシアン、柴犬、グレートデーン、ビーグルなどの犬種は、日頃から注意深く愛犬の目の状態を確認してあげるようにしましょう。

角膜の炎症で痛みが伴う「角膜炎」

老犬に多い角膜炎は、外部の光を目に入れる働きをする角膜部分に炎症が生じて痛みを引き起こす病気です。

角膜炎で引き起こされやすい症状
痛みで目が開かない・目が開けにくい・目ヤニが多い・角膜が白く濁っているなど

老犬に多い角膜炎は、主に目の痛みを生じるため、目が開かない(開けにくい)ような症状が引き起こされ、過剰な涙が分泌されます。

その他、目ヤニが多くでて目の周辺が汚れ安くなったり、重度の角膜炎のケースでは角膜部分が白く濁って、血管新生と呼ばれる現象が起こります。

なお、血管新生は健康体の老犬には存在しない血管が生成されてしまう現象です。

一旦緑内障になってしまうと、視力回復が難しく、視野の異常も修復しにくくなりますが、治療せずに放置してしまうと犬が失明する危険性があるため、早期発見・早期治療が大切です。

目の悪い老犬のおすすめ!3つの対策

ここでは、老犬におすすめの目のケアに役立つグッズや、目の悪い老犬との暮らしに役立つ情報をご紹介します。

犬用のサプリメントで目の健康をサポート

犬用の目のサプリメント成分に関しては、科学的に確実な効果が保証されているわけではありませんが、人間用同様、目の健康サポートに推奨されている成分が多くあります

犬用の目のサプリメント成分としておすすめなのが、アントシアニンやアスタキサンチン、DHA、ルテインですので、これら成分が含まれているサプリメントを活用すると良いでしょう。

また、老犬に手作りご飯を作っている飼い主さんは、ブルーベリーやサーモン(加熱)、ムラサキイモなどの食材をトッピングすることをお勧めします。

愛犬の食事管理に興味がある方は、【犬の食事カテゴリー】も合わせてご確認ください。

目の不自由な老犬には見守りカメラ

目が不自由な老犬の場合、飼い主さんの不在時に家具で怪我をしたりしないかが心配です。

最近では見守りカメラやペット専用のカメラが数多く販売されているので、長時間家をあけなければいけない場合は、定期的に愛犬の様子を見ることができるように配慮してあげましょう。

また、老犬に危険が及ばないよう、生活環境を見直してあげることも大切です。

目が見えない老犬には犬用カート

目が見えない老犬にも、外の匂いを嗅いだりする気分転換は犬のQOL維持のために重要です。

老犬が怖がる場合は、無理にカートで外出する必要はありませんが、室外で過ごすことが好きな犬の場合や目が見えなくても外に出たがる老犬の場合は犬用カートに乗せて外出させてあげましょう。

老犬の目の病気は、早期発見・早期治療が大切

今回は、動物看護師が老犬の目の病気について、症状を中心にご紹介しました。

老犬に多く発症する目の病気は、発見が遅かったり治療せずに放置してしまうと失明する危険性が高い病気ばかりです。

定期的な健康診断はもちろん、日頃から老犬の目や行動をしっかりと観察して、早期発見・早期治療できるようにしましょう。

なお、うちのトイプーでは犬の病気に関わる情報を配信しておりますので、興味がある方は【犬の病気カテゴリー】もご参照ください。

最後のバナー
監修者:望月 紗貴

うちのトイプー開発責任者。犬の管理栄養士、愛玩動物救命士、ペット看護士資格、ペット介護士資格、ペットセラピスト資格、ドッグトレーニングアドバイザー、ドッグヘルスアドバイザー、その他上級食育士、アレルギー対応食アドバイザーなど、数多くの資格を保有。過去にドッグトレーナーとして働き、現在は愛犬ゴールデンレトリバー、ドーベルマン(元保護犬)、ボルゾイ、ボーダーコリー、愛猫3匹と暮らす。愛犬バーニーズマウンテンドッグの腫瘍発覚後から、長年の間犬の生物学を学ぶ。

公式HP:https://true-dog-lover.com/

Share this on