• トイプードル

トイプードル成犬の平均体重は?トイプードルの健康お役立ち情報5選

Share this on

「トイプードルは成犬になっても大きくならないと思ってた」、「フードの量を減らしたほうがいいのかな?」。

お迎えしたトイプードルの成長のスピードに、成犬になったらどうなるのだろうと悩まれる飼い主さんもいるのではないでしょうか?

トイプードルの成犬の平均体重は3〜4kgですが、実は成犬時の体重には個体差があります

安易にフードの量を減らしてしまうと、成犬のトイプードルにとっては栄養不足となり体調不良を引き起こすリスクもあるので注意が必要。

そこで、成犬のトイプードルと一緒に暮らしている飼い主さんのために、以下情報をご紹介します。

なお、うちのトイプーではトイプードルの健康に役立つ情報を【トイプードルカテゴリー】で幅広く紹介しておりますので、興味がある方はぜひ参考にしてください。

1:成犬のトイプードルの平均体重と、理想の体型チェックの仕方
2:トイプードルの成犬が、かかりやすい病気
3:成犬のトイプードルと一緒に暮らす上でのお役立ち情報

<トイ・プードルの病気予防専用ごはん!「うちのトイプー」500円モニター実施中>

トイプードル成犬の平均体重は3〜4kg

ここでは、トイプードルの成犬体重についてご紹介します。

平均体重は3〜4kgだけど、実際は個体差が大きい

トイプードルが成犬になった時の平均体重は3〜4kg。

実際は、同じ成犬のトイプードルでも骨格・体質・遺伝などの影響で幅があり、3kg以下の場合も、5kgを超える場合もあります。

平均はあくまで参考程度にしましょう。

また、子犬の頃の体重から、成犬になった時の体重をある程度予測することができます。

トイプードルが成犬になった時の体重の目安はこちら。

・生後2か月の体重の3倍 ・生後3か月の体重の2倍

トイプードルの成長のスピードは、子犬の頃は早く、成犬に近づくにつれ緩やかになります

おおよそ生後8〜9か月で成犬の体重になり、特に生後6か月までの間はトイプードルにとっては大切な成長期です。

急に体重が増えることもあるので不安になり、フードの量が多すぎるのかと心配になるかもしれませんが、成犬の時期を迎える前に安易に量を減らしてしまうことは逆効果となるため注意が必要です。

フードの量が足りないと栄養不足となり、発達障害が起こりやすいのはもちろん、成犬になった時に病気や怪我のリスクが高まってしまいます。

生後7か月くらいからは、体重の増加も落ち着きはじめ、成犬の体重へ近づいていきます。

トイプードルの体重管理の理想的な考え方は「成犬になった時の体重を維持していく」ということですので、平均体重だけにとらわれず、個性を大切に、成長を見守ってあげてくださいね。

体型が適正か気になった時に活用したい指標

トイプードルの成犬の平均体重があくまで参考程度ということで、痩せすぎや太り過ぎについて心配になる飼い主さんもいらっしゃると思います。

そこで活用したいのがBCS(ボディコンディションスコア)という指標です。

トイプードルの体を触ってみたり、上や横から見ることでチェックができます。

痩せすぎの体型:目で見える範囲で肋骨がわかります

理想的な体型:肋骨は見えないが、触れるとわかる・上から見た時に、ウエストのくびれがわかる・横から見た時にお腹が垂れていない

太り過ぎの体型:触っても肋骨がわかりにくい・上から見た時にウエストのくびれがわからない・横から見た時にお腹が垂れている

※参考サイト 厚生労働省https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/petfood_guide_1808/pdf/6.pdf

バナー

<トイ・プードルの病気予防専用ごはん!「うちのトイプー」500円モニター実施中>

■トイプードル成犬が気をつけたい5つの病気

トイプードルは、目や足、皮膚の病気になりやすいと言われています。

健康管理をする上でも知っておきたい、トイプードルが成犬の時期にかかりやすい病気を5つ紹介します。

目の病気

トイプードルは、ふわふわとした毛並みと目の大きさが魅力のひとつ。

その分、目の周りの毛が眼球にあたりやすいので傷つきやすいこともあり、目の病気になりやすいという特徴があります。

流涙症(涙やけ)

涙やけで目の周りの毛が変色したり、皮膚の炎症やかゆみといった症状がある病気です。

原因はフードやハウスダストに対するアレルギー、逆さまつげなど。

トイプードルの成犬は鼻涙管(びるいかん)という、涙の排泄をする管が細い場合も多いため、詰まりやすいということも原因となります。

進行性網膜萎縮症(PRA)

遺伝性の病気で、トイプードルの成犬に起こりやすい目の病気です。

視覚に関わる網膜が萎縮してしまい、視力の低下や、病気が進んでくると失明の恐れもあります。

足の病気

小型犬であるトイプードルは、体の構造などの理由でかかりやすい足の病気もあります。

子犬の頃になりやすい病気もありますが、成犬でもかかるものもあるので注意が必要です。

膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)

通称パテラと呼ばれる病気で、成犬の時期にも起こり、後ろ足の膝のお皿が外れてしまい、脱臼した状態になります。

足を浮かせるように歩いたり、痛がるなどの症状が特徴です。

耳の病気

トイプードルの耳は垂れているため、その特徴から起こりやすい病気もあります。

外耳炎

耳が赤く炎症を起こした状態です。

耳垢が溜まり蒸れることから、菌が繁殖しやすいことが原因で起こる病気です。

心臓の病気

小さな生き物ほど、動く時に歩幅も小さく運動量が多くなるので、心臓に負担がかかりやすくなります。

トイプードルは小型犬であるため、犬の中でも心臓の病気を起こしやすいと言われています。

僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう)

全身へ送り出す血液が逆流してしまい、心臓の機能が低下してしまう病気です。

病気になってすぐの段階では、大きな症状が見られないこともあります。

他にも気をつけたい病気

紹介した以外にも、子犬の頃にかかりやすいレッグ・ペルテスや、シニア期になるにつれ、かかりやすくなる白内障や緑内障など、トイプードルの成犬が気をつけるべき病気は他にもあります。

普段の様子をよく見ておいたり健康診断を定期的に受けることで、早期発見ができ、早めに治療を受けることができます。

なお、皮膚の病気については【トイプードルの皮膚と免疫力の関係】をご確認ください。

■成犬のトイプードルと暮らすための5つのお役立ち情報

一緒に暮らすトイプードルが成犬になったら、体型維持や、怪我・病気の予防に気を付けてあげる必要があります。

トイプードルとの暮らしに役立つ情報を5つ紹介します。

栄養管理は体型維持・怪我予防・病気予防の全てに役立つ

成犬になったトイプードルの健康維持の基本は栄養管理です。

トイプードルに合った栄養素のバランスや、体重に応じた量を意識することで怪我や病気の予防にも役立てることができます。

  • アレルギーが気になる時は無添加の食材にする
  • 皮膚や毛の健康を維持するため良質な脂質やタンパク質を選ぶ
  • フードのパッケージに書かれている成犬の量を参考に、体重にあった量で計算する

<トイ・プードルの病気予防専用ごはん!「うちのトイプー」500円モニター実施中>

怪我予防のためにお部屋の安全対策

トイプードルは、体の構造上の原因から足や関節の病気にかかりやすい特徴があります。

一緒に暮らすお部屋の環境が安全であるよう、成犬になる前から整えてあげましょう。

  • フローリングなどの滑りやすい床にはラグやクッションフロアを敷く
  • ベッドやソファなど段差のあるところにはスロープやステップを起き衝撃を減らす

病気予防のためにブラッシング

トイプードルは、毛足の長さから、皮膚や毛のトラブルも起こしやすいため、ブラッシングは欠かせないケアのひとつ。

見た目の良さを維持するだけでなく、ブラッシングすることで皮膚の血行が良くなります。

体全体を触ることにもなるので、怪我などの異常も見つけやすくなり、成犬になる前からブラッシングが気持ちいいものだと覚えてもらえれば、飼い主さんとのコミュニケーションツールにもなります

ストレスケアと免疫力UPのために睡眠の環境を整える

トイプードルの成犬に必要な睡眠時間は平均でも12時間以上です。

睡眠を確保することでしっかりと体を休め、心身の健康を維持することができます。

元々眠りが浅いため、睡眠の環境について神経質になる必要はありませんが、1日の合計で12時間程度は確保できるように注意してあげてください。

家族の人数が多く、それぞれの生活時間がバラバラな時などは、遊ばす時間を決めておくなどの工夫が必要です。

犬と飼い主さん両方の安心のために信頼できる獣医さんを見つける

トイプードルは、成犬の間もですが、シニア期に移行する時期が近づくと起こりやすい不調や病気があります。

また、飼育する上で不安や悩みを感じることも少なくありませんので、すぐに相談できる獣医さんがいれば安心です。

犬や飼い主さんとの相性もあるので、健康診断などを活用し、普段から獣医さんとコミュニケーションをとり、犬のことを知っておいてもらいましょう。

トイプードル成犬の平均体重と暮らしのポイントを知って健康管理をしよう

トイプードル成犬の、平均体重と起こりやすい病気、暮らす上でのお役立ち情報について紹介してきました。

トイプードルの成犬の平均体重は3〜4kgですが、骨格や遺伝などで差があるのが特徴です。

  • トイプードルの成犬に起こりやすい目・足・耳・心臓の病気を知っておく
  • 栄養管理やブラッシングを通して成犬になった後も体型維持や病気・怪我予防をする
  • お部屋や家族の時間などの環境を整えてあげることで、安全と成犬に必要な睡眠時間を確保する
  • 信頼できる獣医さんを見つけて、犬も飼い主さんも安心できるようにする

上記のような注意点を守り、トイプードルが健康的、かつ幸せに暮らすことができるように配慮してあげましょう。

<トイ・プードルの病気予防専用ごはん!「うちのトイプー」500円モニター実施中>

なお、うちのトイプーではトイプードルの健康に役立つ情報を【トイプードルカテゴリー】で幅広く紹介しておりますので、興味がある方はぜひ参考にしてください。

監修者:望月 紗貴

うちのトイプー開発責任者。犬の管理栄養士、愛玩動物救命士、ペット看護士資格、ペット介護士資格、ペットセラピスト資格、ドッグトレーニングアドバイザー、ドッグヘルスアドバイザー、その他上級食育士、アレルギー対応食アドバイザーなど、数多くの資格を保有。過去にドッグトレーナーとして働き、現在は愛犬ゴールデンレトリバー、ドーベルマン(元保護犬)、ボルゾイ、ボーダーコリー、愛猫3匹と暮らす。愛犬バーニーズマウンテンドッグの腫瘍発覚後から、長年の間犬の生物学を学ぶ。

公式HP:https://true-dog-lover.com/

Share this on